辞めるきっかけその1

誕生日プレゼント

ある年は灰皿をもらいました。
そして別のある年には、ライターをもらいました。
海外旅行のおみやげでたばこをもらったこともあります。

その当時は、とてもありがたく、
気のきいたものをくれて感謝していました。

もちろん今でも感謝していますが、

自分=たばこ人間という方程式が他の方にまで確立されている。

ということに気がつき、うれしかった反面、
今ではちょっと悲しい気持ちになっています。

ポイ捨て

ぽいすて

自慢でもなんでもなく、ポイ捨てだけはしたことがありません。
それは他人がポイ捨てをするのを許すことができないからです。

かと言って上司や先輩がそのようなことをしたとしても、 心の中では怒っていましたが、なにも言えない自分がいたことも事実です。

もし、自分の家の目の前にたばこが捨てられていたらどんな気持ちになります?

そう思ったら捨てることなどできません。


とは言え、ポイ捨てをしなくとも、たばこを吸っていることは事実。

その煙によって、たばこ嫌いな方に今までどれだけ迷惑をかけてきたことか。。

たばこ吸ってもいい?と聞いて断られたことはあまりありませんが、

相手も心の中では、実は怒っていたのかもしれません。

空気読めよ!みたいな。おおげさでしょうかね。

NEXT>>辞めるきっかけその2